一般社団法人 日本実験動物技術者協会主催(開催担当 関西支部)

『実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準』解説書の勉強会 開催について

間もなく『実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準』解説書が公表されようとしています。前回の解説書発行日は「昭和55年3月28日」とあり、37年ぶりの改定となります。この間、法律も大きく改正され、解説書の内容も大きく変化を遂げるものとなるでしょう。

今年の6月に開催されました東海北陸・関西支部 2支部交流会では、解説書改定に至る問題意識と衛生管理に関する部分を中心にご講演をいただきましたが、今回は発行を間近に控え、他の部分に関してもより詳しくお話しをしていただきたいと考え、下記の要領で勉強会を開催いたします。

皆さまからの質問にお答えいただく時間もしっかり取りたいと考えておりますので、ぜひ参加をご検討ください。現在、他会場開催も検討中です。詳細については決定次第お知らせいたします。

日時

平成29年12月9日(土)13:25~


会場

大阪大学医学部講義棟1 階A 講堂
(大阪大学吹田キャンパス、住所:吹田市山田丘2-2)



• 大阪モノレール『阪大病院前』下車
• JR茨木駅から近鉄バス[阪大本部前行き]で『阪大医学部病院前』下車
• 阪急茨木市駅から近鉄バス[阪大本部前行き]で『阪大医学部病院前』下車
• 北大阪急行千里中央駅から阪急バス[阪大本部前行き]で『阪大医学部病院前』下車


タイムスケジュール(予定)

13:00~13:25 受付

13:25~13:30 ご挨拶

13:30~14:10 「主務官庁から」
      川越 匡洋(環境省 自然環境局 総務課 動物愛護管理室)

14:10~15:10 「『総説』について」
      喜多 正和(京都府立医科大学)

15:10~15:25 休憩

15:25~16:25 「動物の健康および安全の保持に関する部分について」
      國田 智(自治医科大学)

16:25~17:05 「実験動物技術者として取り組むべき課題」
      鍵山 直子(実験動物中央研究所・動物実験関係者連絡協議会)

17:05~17:25 全体質疑応答

なお、当日会場にて『実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準』解説書(価格4,400円)の販売を行っていただく予定となっております。この機会にぜひお手に取ってご覧いただき、お買い求めください。

事前申し込み

当日参加も可能ですが、資料準備のため参加者数を事前に把握したいと思いますので、できるだけ事前申し込みにご協力ください。実技協会員だけでなく非会員の方も、関西支部ホームページからお申し込みをいただくことができます。

参加費(会員2,000 円、非会員3,000 円)は当日受付にてお支払いください。
なお、協会賛助会員には1名分のご招待状をお送りいたします。

申込方法

事前申込みは以下のURLよりオンラインにて受け付けができますので各項目に必要事項を御入力ください。

オンライン登録URL :https://form1ssl.fc2.com/form/?id=4f609cea8f69060e

登録開始:平成29年11月10日(金)
登録締切:平成29年11月30日(木)締切りまでの期間が短くなり申し訳ありません。


ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

事 務 局:

〒700-0914 岡山市北区鹿田町2-5-1
岡山大学自然生命科学研究支援センター動物資源部門内
担当:矢田範夫、石原すみれ、橋本春菜
TEL:086-235-7445 FAX:086-235-7433
事務局E- mail:kansaimail@jaeat-kansai.org
支 部U R L :http://www.jaeat-kansai.org/